<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アリガト アリガト アリガトウ。

e0057337_22344739.jpg

私の作った『ごまのパン』の一番のファンである親子がいます。
第一回のマルシェで出したゴマのパンを食べてから惚れ込んでくれて、なんとも嬉しい言葉を毎回かけてもらっていました。
万人ウケするのもいいのですが、こうやって一人でも「美味しい!」と言ってくれる方がいるそれが幸せ。
私はこの二人の為だけにに心を込めてもバチは当たらないだろうと思ってしまうのです。

このパンの反応は本当に様々で、「ゴマの味しかしないね。」「ゴマたっぷり~♪」そんな感じで・・・好きか嫌いか!みたいな。
私はですね、『ゴマ』の風味だけが欲しかったのでこれを作りました。ここで私なりの食べ方を説明すると、

1.何も考えない、他の事を考えながら食べる。
2.そうすると「あごが疲れた」と多分思う。だからゆっくり食べよう。
3.「あ、ゴマの味するじゃん。」ここで気がつけばよし。
4.なんか美味しい・・・・でも最高に美味しいまでいかないけどもう一口が欲しい。
5.次はチーズでもはさんでみようか・・・・・。

こんな感じのパンは美食家になったような気分で食べない事。味を感じる為に頭の中から今までの美味しいパンデーターと比べてみる必要もない。ただ、子供が楽しいと笑顔になるのと同じように感じて欲しいな。

そうそう、この『ごまパン』私の大好きな黒胡麻せんべいに似てるから次はちょいとバージョンアップさせようかしら~と企んでます^^
『焦がし醤油バターの黒胡麻』とか・・・・・。ど、どうですか?
[PR]
by azusan0504 | 2006-10-28 23:32

都会の迷路

e0057337_2315390.jpg

大名に新しくオープンした「SWINDLE FACTORY」へ行って来ました。
残念ながらオーナーさんは留守でした。
なんてハードなお店!外観も中も最高にやられてます。いいぞぉ~☆

お店の顔とも言えるアンティークの大きなショーケースが、ふてぶてしいぐらいの存在感でお客さんを迎えてくれる・・・・そんなお店です。
そんなショーケースをカウンターにして座り、コーヒーを飲む。
気づいたら朝からコーヒーしか飲んでいなかった。これで何杯目?
福岡に行くと、食べるのメインじゃないかぎり私は食べる事を忘れて歩き回るので気づくと一日何も食べてないって事が多いのです。そして普段あまり飲まないコーヒーを飲みまくる・・・・。

久しぶりの都会を歩いていると、新鮮な感覚と面白さがあります。
超早歩きな私は、歩きながらいろんな事を考えるのが好きです。煮詰まったら夜中でも歩きに行きます。
じ~っとしているより、動いてる時の方が良いアイディアが浮かぶもの!
頭クリアになったら「よしっ!」
単純でどうしようもない私。はっはっは~!
[PR]
by azusan0504 | 2006-10-26 23:36

ごまごま。

e0057337_22201578.jpg

               明日はマルシェです。
               前回は私も参加させていただきました。
               今回、私は参加しないのですがパンを少しだけ販売します。
               『黒胡麻さん』を販売します。
               前のマルシェで人気のあったものですが、ちょっとだけ形を変えて再登場。
               え~と、ゴマの味しかしません。あしからず。
[PR]
by azusan0504 | 2006-10-21 22:21

azusa street

面白いのみつけた。
カリフォルニア州アズサという町があるらしい。しかもazusa streetという通りまで・・・・・。
おおう。なんて運命!
だけど、アメリカ人に自分の名前聞かれて「アズサ」って答えると100%発音できない。
「アツサ~?」なんてよく呼ばれたもんだ。
呼び方違うのかな?

ごめんなさい、どうでもいい話でした・・・・・。
[PR]
by azusan0504 | 2006-10-16 21:37

お坊さん現る。

2日前の事になります。
日が落ちてきた頃、私は相変わらずパン工房にこもりっきりでいろいろ考え事をしていました。
と、言っても頭の仲は雑念ばかり~当たり前さ。
そんな、おかしいやら楽しいやらな妄想をしながら・・・・ふと顔を上げると窓の向こうに坊主頭が。
「おっ、ここは工房でしたか。と、なるとあなたはパン職人ですね?」
思いっきり和尚さんの格好の人が話しかけてきました。
「ハイ・・・・、そうですが。」こんなところにお坊さんがいる状況に不思議さを感じながら返事をすると、
「やあ~立派!立派!若いのにこの道一本目指してるんか~!そうでなくちゃダメですよ。」
う~ん、私まだ何も言ってないのになあ(笑)だけど坊さんに褒められるのは悪くないです。

それにしても、お坊さんとは説教したがりなのでしょうか?
この後、仏教の教えと現代の若者達について長々と話続けるのでした。
私も作業を続けながら耳を傾けていました。
お坊さんは話が終わってスッキリしたのか、袖口からぴらっと名詞を取り出して私に渡すと
「まあ、自分の道に向かって頑張りなさい。はははは~」と仏の笑顔を見せながら又何処かへと去って行きました。
「お坊さんの営業・・・・・ふ。お寺で喝でも入れてもらおうかいな。」

e0057337_22415819.jpg

そう、自分に「喝」を入れる為に部屋の展示を変えるのであります。
今日も、真っ白な紙に自分の言葉をぐわ~っと書き出す作業・・・・疲れる。
頭の中搾り出してこれだけか~!と自分の力の無さを痛感するのです・・・・はあ。
行き詰った時には何か違う事をして気分転換を・・・・・だから展示変え。
さて、もうちょい頑張りますか~。
[PR]
by azusan0504 | 2006-10-15 23:22

道草

e0057337_19212368.jpg

大牟田は昔の炭鉱跡がたくさん残っています。
レンガの建物の穴の奥は、深~く地下に穴が掘られていて不気味です。
私はいつも、近づいて中を覘きたくて覘きたくて何度もチャレンジしてみるのですが・・・・・
興味より恐怖が勝ってしまってダメです。

道草ふんふん。
今日はおじさんの誕生日祝いに向かいました。
おじさんの家は本の山、山、山!!玄関の外から家の至るところに本が積み上げられていて、
いつドミノ倒しに合うだろうかとヒヤヒヤです。
また古いモノ好きのおじさんは骨董収集も趣味で、これまたたくさんの骨董品。
私には奥が深すぎて説明されても分からない物ばかりです。
でも、小さい頃に骨董屋さんに連れ回されてたから影響は少なからずあるな~と思った。

そんな中、「古いオルガンを見つけたよ。これは博物館級のやつ。」
おじさんの言ってる事が本当なのかは分からないけれど、このオルガンは気に入った。
まだ音もちゃんと鳴る。

e0057337_2004086.jpg

[PR]
by azusan0504 | 2006-10-12 20:21

パンワ芸術ナリ。

e0057337_10593359.jpg

             昨日からお店に登場している天然酵母パン。
             グリーンレーズンから酵母を起こしてパンになるまで2週間ほど、
             自然界で生きている菌達には驚かされっぱなしです。
             とても力強い酵母が育ちました。
             
         
[PR]
by azusan0504 | 2006-10-10 11:00

牛がキテマス。

e0057337_2146235.jpg

最近、都内のあちらこちらに原寸大の牛のオブジェが氾濫している事に気がつきました。
牛の形は一緒だけど模様が・・・・・変。

様々なアーティストが、これまた思うがままにペイントしているようです。
だから、いろんなところにど派手な牛達を見ることができます。
ふむふむ。
足元にあるコメントを読んでみると、『cow Auction』と書いてありました。
「こ、この牛をオークションで買うんかい!」

牛が人気のようですね~なぜに?
米牛肉輸入解禁?吉野家再始動?

とにかく、この牛の片目にはまだ筆入れされてないので買い手がついてないとみた。

 
[PR]
by azusan0504 | 2006-10-08 21:59

10/5(木)の朝

e0057337_9165244.jpg

                今日も秋晴れなり。
                さてさて、溜まっている作業をやっちゃおう。
                23歳最後の日はなんか貴重。
                いろいろ考えるけど、多分いつもと変わらない一日だ。
                明日からまた一年を始めようっと。
[PR]
by azusan0504 | 2006-10-05 09:28

黒パン

e0057337_2243823.gif

『イワンのバカ』、『ハイジ』、『グリム童話』・・・・・・共通するのは黒パンと呼ばれるライ麦パン。
イワンは農作業をしながら黒パンと黒ビールを毎日の昼ごはんにし、
ハイジは黒パンと自家製チーズを朝食にした。
グリム童話の中にもシンデレラがパンの残りくずをつまむシーンがある。

ヨーロッパの昔の童話や小説などには度々、その時代の食べ物の話が登場する。
そんな風に本を読んでいるとその時々の食文化が見えてくるから面白い。
一年を通して気温が低い寒冷地では小麦粉が育ちにくい為、ライ麦が多く生産され、
ライ麦を美味しく食べる工夫がされた。
 初めてライ麦100%を食べた人は「これはパンじゃない!」と思ったに違いない。
ワタシでも、「ライ麦パンはパンの域を超えているぞ。」と思うことがあるくらいだから。

ハイジはずっと黒パンを食べてきたせいか、白くてふわっとしたパンへの欲望が人一倍強かった事が話し中でも書いてあります。この時代には金持ちは白パンを食べ、農民は黒パンを食べていた事が分かります。貴重な小麦は階級が上の人々にしか普及していなかったのでしょう。
 今では『ハイジの白パン』と命名されていろんなパン屋で売られていますが、ワタシは首をかしげてしまいます。ハイジの白パンへの想いがそうさせたのか?
『ハイジの黒パン』じゃダメなのか?時がどんなに過ぎ去っても強い怨念みたいのがとり付いているようだ・・・・・(笑)
そんなんじゃ、オジイが泣くよ。
「わしゃ、黒パンが好きさの~」

話が脱線してしまったけれど、昨日ドイツのPEMAブランドのライ麦パンを食べました。
ライ麦100%のフォルコーンです。
チョコレートの様な甘いビターの香りがし、ホロホロと崩れる食感がなんとも言えませんでした。
ライ麦の香りは独特で、オーブンで焼いていると特徴のある香りがしてきます。
ずっと食べている人はその香りに敏感になるはずです。

もう一つ。
ずっしり重く黒い色をしているライ麦パンは、チョコレートケーキかなんかと間違われる事があるらしく
珈琲と黒パンを持ってレジに並ぶ姿が度々あるようです。
本当に食べるのだったらいいのだけれど・・・・明らかに違う!みたいな。
皆さん、気をつけましょう(笑)
e0057337_23153387.gif

[PR]
by azusan0504 | 2006-10-04 23:15