<   2005年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ブリキ

体調も夕方近くにはだいぶ良くなってきた頃、兄帰宅。
「これやる。」と渡されたのが真っ赤な古いブリキ缶でした。蓋にBROTHERの文字、話を聞くと道端に昔のブラザーミシンとこのブリキ缶が落ちていたらしい。いつもいろんな場所で鉄やら釘やらドアノブ・・・・挙げたらきりがないほど良く拾ってくる兄。風邪のおかげか?ちょっと得をした今日のちびでした。
e0057337_21234999.jpg
写真だと奇麗に写りすぎて「BROTHER」の文字のなんともいえない色が分かりづらいな~。
e0057337_21471823.jpg

この色のはげた部分と錆びが好きです。
e0057337_21502138.jpg

ブリキ缶の中に入っていたもの。電球、錆びたネジ、何かの鍵、マイナスドライバー、ゴムキャップ、剃刀。

ブリキ缶を手に取って耳元でガチャガチャと鳴らすのが好きです。中身は分かっているのですが、音に惹かれます。宝箱を見つけたような、想像力を膨らませてくれる音です。
[PR]
by azusan0504 | 2005-11-29 22:02

もぐさん

e0057337_19543196.jpg

風邪ひきダウンです・・・・。今日はもぐーらいふのもぐとスパイスラックでどうぞ。
勝手にもぐを登場させました。もぐはみ出てます。

もぐに癒されたい人→もぐーらいふ
[PR]
by azusan0504 | 2005-11-28 20:00

嬉しいはなし

cafeのお客様が少なくなり、ゆっくりとした時間が流れだした夕方6時頃でした。
「北九州の方からのお越しのお客様が近くまで来ている」とのこと。北九州から大牟田へ!?
neiのみんなは「誰だろう?誰だろう?アリーバードさん!?」などと慌てふためいていました。
良く考えれば土曜日の夕方にアリーバードさんが来れるわけがないのですが・・・・・・・お店の広告や宣伝を一切していないneiにわざわざ北九州から来てくださるお客様はどなただろうと思っていました。
そのうち一人の男性の方がcafeへ・・・・・北九州からの方でした。cafeはどうやって知ったのですか?という問いかけに、私のブログ「台所日記」を見て来てくれたそうでびっくり!!
恥ずかしいですが、こんな嬉しい出会いに感謝です。その方は高速を使わずに下道で6時間もかけて大牟田に(≧∇≦)ノまたまたびっくり!
よくよく話してみるとアーリーバードへも度々足を運んでいるお客様でもありました。津屋崎と大牟田、遠い遠い距離が繋がった瞬間でした。
cafeに来た時はちょうどパンが売れてしまってライ麦パンを見てもらうことができなかったのですが、カウンターで紅茶を飲んでゆっくりされている様子で嬉しかったです。紅茶を大変気に入ってもらえたようで紅茶専門の円香さんも喜んでいました。今度来たときはお食事も楽しんでいただけるといいな~と。
こんなふうに遠くから来られるお客様がいるとゆうこと、また励みになりました。
まだ車の中でしょうか?長時間の運転気をつけて帰られたでしょうか?

また明日も頑張ろう!と思うのでした。
[PR]
by azusan0504 | 2005-11-26 22:21

阿蘇へ

e0057337_21525078.jpg

e0057337_21554033.jpg

昨日の写真からです。森の中を歩いていると、頭の上からパラパラと黄色や赤の葉が降ってきた。
[PR]
by azusan0504 | 2005-11-25 22:03

仕事論

私が東京のパン屋に仕事が決まった時、伯父さんから一冊の本をもらいました。
「調理場という戦場」
この本を読んだ日のことを今でも思いだします。
私はこれからの自分の進む道に不安も迷いもなく、ただただ希望に満ち溢れて恐いものなんてなかった頃です。
そんなとき読んだこの本は衝撃が大きかったのです。著者、コート・ドールのオーナーシェフ 斉須 政雄がフランスでの12年間の修行の中での話しです。とてつもなく熱い、そして深い言葉の中に料理に対する愛情や情熱がつまっていました。そして、人と出会う喜びとかその人から学ぶべきこと。私は一気に読みながら感激して眠れなかったのを覚えています。こんなに自分に衝撃を与えた本は今までに出会っただろうか?
上京してからもこの本を自分の手元にいつも置いておきました。いつか自分も職人としての力をつけたい・・・・・・。
結果的には自分に負け、悔しい思いのなかで自分は何がしたいのか分からずに辛いどん底の時期も味わいました。
遠回りもしましたが、今やっと本当に自分がやりたかったことを思い出すことができて、自分の手から作りだされる物で人を幸せにできる感動を知りました。たくさんの人と出会って、いろんなことを吸収して成長して行けたら・・・・・。

最近、ダンボールの荷物を整理していたら「調理場という戦場」が出てきました。
また再度読み返すときが来たのでしょうか?久しぶりに私の手元に本が戻ってきました。
[PR]
by azusan0504 | 2005-11-22 00:30

揺れる影

日も暮れて暗くなってきた夜、cafe横の野外イベントスペースで中島淳一氏の一人芝居が始まりました。
今回の演目は「卑弥呼」
小さな舞台とはいえ野外で音響設備いっさいなし、舞台には中島氏と蝋燭、太鼓のみ。
私も含めneiのみんなも仕事中ではありましたが、舞台の方が気になってしょうがない状態でした。手があく間を見計らって遠くから見ていましたが、静まりかえった舞台の上がとても幻想的な雰囲気に包まれていました。
ゆらゆらと揺れる蝋燭の灯りが影をつくり影さえも何者かに見えてくるような・・・・・・
影が創りだすこの雰囲気なんとも言えません。

今度は最後までちゃんと見たいものです。
[PR]
by azusan0504 | 2005-11-19 23:24

流れ星

おはようございます。昨日はみなさん夜の空を見上げる人が多かったのではないでしょうか?
獅子座流星群
私は眠すぎて夜中まで待てず・・・・爆睡。
なんだか私は流れ星に縁がなくてこの人生一度も見たことがないのですが、どんな感じなんでしょうね。見たい~!
[PR]
by azusan0504 | 2005-11-18 08:08

ほっとする一息

今日も、ゆっくりとcafeの扉を押して「こんにちは」と優しい声がしていつも一人でやって来るおばあさんが入ってきました。
一階の窓側の席。いつもお気に入りのテーブルに座り、コーヒーを一杯。
今は刈り取られてハゲになった青田を眺めながらコーヒーを飲み、物静かに本を手に取り読んでいる姿が印象的なお客様です。
ときどき、本を読む手を止めて外を眺めている姿を見ているとなんだか落ち着きます。気持ちが和むというか。

そして今日も「ごちそうさまでした」と丁寧に声をかけ帰っていかれました。
こんな風にコーヒー一杯をcafeに来てゆっくりと楽しんでくれることがまた嬉しく、今日のようなお客様の為にもにこれからもここに来たいと思うようなcafeであればいいなと思います。
[PR]
by azusan0504 | 2005-11-16 22:28

暮れ

仕事の合間にふと空を見る。この時間が一番好き。
e0057337_0303542.jpg

[PR]
by azusan0504 | 2005-11-15 00:31

踏ん張る大根  後日談

前にコンクリートを押し上げて生えてきた大根の話をしましたが、今日仕事から帰ってきたら家族から衝撃的な事実を告げられました。
大根が・・・・何者かによってスッパっと切り取られて持ち去られてしまった!とニュースであったらしい。 ひどい・・・・ひどすぎる・・・・・。この大根を見て通りすがりに励まされたり、逆に頑張れ!と大根にエールを送っていた人もいただろうに。
いたずらなのか?それとも食べるものに困って採ったのか?美味しい時期に収穫しなくてはと思ったおっちゃんなのか?
いずれにしても誰かの口に入ったであろう大根、でも残りの埋まっている部分はどうなるんだろう?
[PR]
by azusan0504 | 2005-11-15 00:28