黒パン

e0057337_2243823.gif

『イワンのバカ』、『ハイジ』、『グリム童話』・・・・・・共通するのは黒パンと呼ばれるライ麦パン。
イワンは農作業をしながら黒パンと黒ビールを毎日の昼ごはんにし、
ハイジは黒パンと自家製チーズを朝食にした。
グリム童話の中にもシンデレラがパンの残りくずをつまむシーンがある。

ヨーロッパの昔の童話や小説などには度々、その時代の食べ物の話が登場する。
そんな風に本を読んでいるとその時々の食文化が見えてくるから面白い。
一年を通して気温が低い寒冷地では小麦粉が育ちにくい為、ライ麦が多く生産され、
ライ麦を美味しく食べる工夫がされた。
 初めてライ麦100%を食べた人は「これはパンじゃない!」と思ったに違いない。
ワタシでも、「ライ麦パンはパンの域を超えているぞ。」と思うことがあるくらいだから。

ハイジはずっと黒パンを食べてきたせいか、白くてふわっとしたパンへの欲望が人一倍強かった事が話し中でも書いてあります。この時代には金持ちは白パンを食べ、農民は黒パンを食べていた事が分かります。貴重な小麦は階級が上の人々にしか普及していなかったのでしょう。
 今では『ハイジの白パン』と命名されていろんなパン屋で売られていますが、ワタシは首をかしげてしまいます。ハイジの白パンへの想いがそうさせたのか?
『ハイジの黒パン』じゃダメなのか?時がどんなに過ぎ去っても強い怨念みたいのがとり付いているようだ・・・・・(笑)
そんなんじゃ、オジイが泣くよ。
「わしゃ、黒パンが好きさの~」

話が脱線してしまったけれど、昨日ドイツのPEMAブランドのライ麦パンを食べました。
ライ麦100%のフォルコーンです。
チョコレートの様な甘いビターの香りがし、ホロホロと崩れる食感がなんとも言えませんでした。
ライ麦の香りは独特で、オーブンで焼いていると特徴のある香りがしてきます。
ずっと食べている人はその香りに敏感になるはずです。

もう一つ。
ずっしり重く黒い色をしているライ麦パンは、チョコレートケーキかなんかと間違われる事があるらしく
珈琲と黒パンを持ってレジに並ぶ姿が度々あるようです。
本当に食べるのだったらいいのだけれど・・・・明らかに違う!みたいな。
皆さん、気をつけましょう(笑)
e0057337_23153387.gif

[PR]
by azusan0504 | 2006-10-04 23:15
<< 10/5(木)の朝 ぽっかり >>